全室インターネット(有線LAN)完備 コインランドリー増設・液晶テレビ導入 無料駐車場完備※満車の場合は近隣のコインパーキングをご案内いたします。 駅から5分 市原ICから10分 スーパー・コンビニも近くて便利です。 朝食バイキング品数市内No.1宣言! お得な限定プランや団体様プラン、歓送迎会プランなど、多くのプランをご用意しております。

Home約款

約款

        市原マリンホテル約款

              Contract

宿泊約款

第1条(適用範囲)
当ホテルが宿泊客との間で締結する宿泊約款及びこれに関する契約は、この約款
の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又
は一般的に確立された慣習によるものとします。

2当ホテルが、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定
にかかわらず、その特約が優先するものとします。

第2条(宿泊契約の申込み)
当ホテルに宿泊契約の申込みをしようとする方は、次の事項を当ホテルに申出て
いただきます。
  1. 宿泊者の氏名
  2. 宿泊者の連絡先
  3. 宿泊日及び到着時刻予定
  4. その他当ホテルが必要と認める事項
2宿泊客が、宿泊中に前項第3号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場
合、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申込みがあったものとさせて
いただきます。

第3条(宿泊契約の成立)
宿泊契約は、当ホテルが前条の申込みを承諾したときに成立するものとします。

2前項の規定により宿泊契約が成立したときは、宿泊期間の当該宿泊契約にかか
る全宿泊期間分の宿泊料金を宿泊開始前又は当ホテルが指定する日までに、お支
払いいただきます。

3次の各号に定める事由が生じたときは、当ホテルは、当該宿泊者にかかる申込
みを、実際には宿泊する意思がないにもかかわらず申込みがなされたものとして
取扱うことができるものとし、宿泊契約はその効力を失うものとします。
  1. 前項の宿泊料金を同項の定めにより宿泊開始又は当ホテルが指定した日ま
    でにお支払いいただけないとき。
  2. 前条1項に基づき申出のあった連絡先への連絡を試みても、最初の連絡を
    した日から起算して10日以内に連絡がとれないとき。
  3. 当ホテルからの連絡を拒否されたとき。
4前項の場合において、当ホテルが宿泊者にかかる宿泊契約が効力を失ったもの
として処理したときは、当該処理の日に宿泊客が宿泊契約を解除したとみなして
第5条2項の規定を準用し違約金をお支払いいただきます。

第4条(宿泊契約締結の拒否)
当ホテルは、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。
  1. 宿泊の申込みが、この約款によらないとき。
  2. 満室により客室の提供ができないとき。
  3. 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良
    の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
  4. 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができ
    ないとき。
  5. 宿泊しようとする者が、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法
    律」(平成4年3月1日施行)及び暴力団排除に関する都道府県条例に定
    める暴力団もしくは暴力団関係団体その他反社会勢力の構成員又はその関
    係者であるとき。
  6. 宿泊しようとする者が、泥酔等により他の宿泊客に迷惑を及ぼし、もしく
    は当ホテルの運営を阻害するおそれがあるとき。
  7. 宿泊しようとする者が、当ホテルもしくはホテル従業員に対し、暴力、脅
    迫、恐喝、威圧的な不当要求を行ったとき。あるいは合理的な範囲を超え
    るサービスその他の負担を求められたとき。
    または、かつて同様な行為を行ったと認められるとき。
  1. 宿泊しようとする者が、伝染病であると認められるとき。
  2. 保護者の許可のない未成年者のみが宿泊するとき。
  1. その他、各種法令又は都道府県条例等の規定する宿泊を拒むことができる場合に該当するとき。
第5条(宿泊客の契約解除権)
宿泊客は、当ホテルに申出て、宿泊契約を解除することができます。

2宿泊客が前項により、宿泊契約の全部又は一部を解除した場合、別表第2に掲
げるところにより、違約金をお支払いいただきます。


3当ホテルでは、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の到着予定時刻になっても
到着しないときは、そ の宿泊契約は宿泊客により解除されたものとして処理することがあります。

第6条(当ホテルの契約解除権)
当ホテルは、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。
  1. 第4条1から10までに該当したとき。
  2. 客室での寝たばこ、消防施設等に対するいたずら等、火災予防・防火に支障を及ぼす行為をしたとき。
  3. 宿泊料金の支払いを請求した場合において、期限までにその支払いがないとき。
  4. この約款又は当ホテルの利用規則に違反したとき。
第7条(宿泊の登録)
宿泊客は、宿泊日当日、当ホテルのフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。
  1. 宿泊客の氏名、年齢、性別、住所及び職業
  2. 外国人にあたっては旅券番号、国籍、入国地及び入国年月日
  3. パスポートのコピーをとること
  4. 出発日及び出発予定時刻
  5. 前泊地及び行先地
  6. その他当ホテルが必要と認める事項
第8条(客室の使用時間)
宿泊客が当ホテルの客室を使用できる時間は、特約に定める場合を除き、午後3
時から翌朝10時までとします。但し、連続して宿泊される場合においては、到
着日及び出発日を除き、終日使用することができます。

2当ホテルは、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の使用に応
じることがあります。この場合には、追加料金を申し受けます。

3全各項に基づき宿泊客が使用できる時間内であっても、当ホテルは、安全及び
衛生管理その他ホテルの運営管理上の問題があるときは、お客様に事前に通知す
ることなく客室に立入り、必要な措置をとることができるものとします。


第9条(利用規則の遵守)
宿泊客は、当ホテル内においては、当ホテルの利用規則に従っていただきます。


第10条(料金の支払い)
宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳及びその算定方法は、別表第1に掲げると
ころによります。

2前項の宿泊料金等の支払いは、日本の通貨又は当ホテルが認めた宿泊券及びク
レジットカードにより宿泊の登録の際又は当ホテルが請求したとき、フロント
において行っていただきます。

3当ホテルが宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に
宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。


第11条(契約した客室の提供ができないときの取扱い)
当ホテルは、宿泊客に契約した客室を提供できないときは、宿泊客の了承を得
て、できる限り同一の条件による他の宿泊施設をあっ旋するものとします。

2当ホテルは、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっ旋ができないとき
は、違約金相当額の賠償料を宿泊客に支払い、その補償料は、損害賠償に充当し
ます。但し、客室が提供できないことについて当ホテルの責めに帰すべき事由が
ないときは、補償料を支払いません。

第12条(寄託物等の取扱い)
宿泊客がフロントにお預けになった物品、貴重品又は現金(以下、「物品等」)
については、原則としてお預かりした日から、3ヶ月間を上限として保管するも
のとし、その間に宿泊客から返還の申出がなされなかった場合には、当ホテル
は、これを宿泊客が第7条に基づき当ホテルに登録された住所宛に宅配便その他
適宜の方法により送付して返還するものとします。
また、当該物品等が受取拒絶、宛所に尋ねあたらないなどの理由により返戻され
たときは、当ホテルは、当該物品等を廃棄その他任意に処分することができるも
のとし、宿泊客は、この処分に対し、異議その他何らの請求もすることはできな
いものとします。

2宿泊客がフロントにお預けになった物品等について、滅失、毀損等の損害が生
じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当ホテルは、その損害を賠償し
ます。
但し、宿泊客からあらかじめ種類及び価額の明告のなかったものについての損害
賠償額は、当ホテルに故意又は重過失のある場合を除き、10万円を限度としま
す。

3宿泊客が当ホテル内にお持ち込みになった物品等であってフロントにお預けに
ならなかったものについて当ホテルの責に帰すべき事由により滅失、毀損等の損
害が生じたときは、当ホテルは、当ホテルに故意又は重過失のある場合を除き、
5万円を限度としてその損害を賠償します。

4美術品、骨董品、着物などの品物はお預かりできません。

第13条(宿泊客の手荷物または携帯品の保管)
宿泊客の手荷物が、宿泊に先立って当ホテルに到着した場合は、その到着前に当
ホテルが了解したときに限り責任をもって保管し、宿泊客がフロントにおいてチ
ェックインする際にお渡しします。

2宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当ホテルに置
き忘れられていた場合1ヶ月間保管します。但し、お飲み物、食品、新聞、雑
誌、傘、その他廃棄されたと判断したものは翌日処分します。

3前2項の場合における宿泊客の手荷物又は携帯品の保管についての当ホテルの
責任は、第1項の場合にあっては前条第2項の規定に、第2項の場合にあっては
前条第3項の規定に準じるものとします。

第14条(駐車場の責任)
宿泊客が当ホテルの契約駐車場をご利用になる場合、車輌のキーの寄託の如何に
かかわらず、当ホテルは、場所をお貸しするものであって、車輌の管理責任まで
負うものではありません。但し、駐車場の管理にあたり、当ホテル契約駐車場の
故意又は過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに任じます。

第15条(当ホテルの責任)
当ホテルは、この約款に基づく当ホテルの責任制限条項の規定内容にかかわら
ず、宿泊契約及びこれに関連する契約の不履行又は不法行為により宿泊客に損害
を与えた場合において、当ホテルが付保する旅館賠償責任保険が適用されるとき
は、当ホテルに故意又は重過失のある場合を除き、当該保険により填補される保
険金の支払額を上限としてその損害を賠償します。

第16条(宿泊客の責任)
宿泊客の故意又は過失により当ホテルが被害を被ったときは、当該宿泊客は当ホ
テルに対し、その損害を賠償していただきます。

第17条(客室の清掃)
宿泊客が2泊以上連続して同一の客室に宿泊される場合、当該客室の清掃は、原
則として毎日行わせていただきます(特約プランを除く)

2宿泊客より清掃は不要である旨のお申出を受けた場合であっても、法令及び都
道府県条例等の趣旨に従い、少なくとも3日経過ごとに1回、客室の清掃を行わせ
ていただくものとします。
但し、当ホテルが必要と認める場合には、随時客室の清掃ができるものとします。

3前項の客室清掃について、宿泊客は、これを拒否できないものとします。

第18条(免責事項)
当ホテル内からのコンピューター通信のご利用にあたりましては、宿泊客自身の
責任にて行うものとします。コンピューター通信中のご利用中にシステム障害そ
の他の理由によりサービスが中断し、その結果利用者がいかなる損害を受けた場
合においても、当ホテルは一切の責任を負いません。また、コンピューター通信
のご利用に当ホテルが不適切と判断した行為により、当ホテル及び第三者に損害
が生じた場合、その損害を賠償していただきます。

第19条(約款の改定)
この約款は、必要に応じて改定することができるものとします。
この約款が改定された場合、当ホテルは改定後の約款の記載内容及び効力発生日
を当ホテルのホームページもしくは客室内に掲出するものとします。

ホテル規則

当ホテルは、ホテルの公共性とお客様の安全かつ快適なご宿泊を確保するため、
下記の規則をおまもりいただくことになっております。
この規則をお守りいただけないときは、ご宿泊の継続及び館内施設のご利用をお
断りさせていただくこともございます。

1 客室を許可なしに宿泊以外の目的にご使用にならないでください。
2 契約人数を超えての客室利用は禁止します。
  申出なく契約人数を超えての利用が発覚した場合は、直ちに退去してい
  ただくほか、その超過利用分を請求いたします。
3 当ホテル内での次に定める行為は固く禁止しております。
  1. 廊下、客室内で暖房用または炊事用の火気をご使用にならないでください。
  2. 火災防止のため、ベッドの上、禁煙室、公共スペース(禁煙エリア)、そ
    の他火災の発生しやすい場所で喫煙なさらないでください。
  3. 館内に次のようなものをお持ち込みにならないでください。
    (イ)動物、鳥類等
    (ロ)悪臭及びお香類などの臭気が強く残るもの
    (ハ)覚醒剤、麻薬類等、法令により所持を禁止されている薬品類
    (ニ)許可証の無い鉄砲、刀剣類及びこれらの類似品
    (ホ)火薬、揮発油の発火または引火しやすいいもの
    (ヘ)その他、他のお客様の安全性を脅かす物件と認められるもの
4 客室ルームキーを紛失した場合は、鍵交換工事に要する費用の全額を申し受
  けます。

5 駐車場のご利用方法
  (イ)駐車場のご利用台数は、お一人様1台とさせていただきます。
(ロ)お客様のご利用時間は、原則としてご到着から当ホテルが定めるチェ
     ックアウト時刻とさせていただきます。
(ハ)駐車場敷地内での洗車は、原則禁止いたします。

付 則

この宿泊約款及び利用規則は、令和2年7月5日(以下、適用開始日といいま
 す)から適用いたします。
但し、適用開始日の前日までに既に成立していた宿泊契約については、旧宿泊
 約款及び利用規則を適用するものとします。

別表第1 宿泊料金の内訳(第10条関係)

宴会約款
第1条(宴会時間と追加室料)
宴会場等のご利用開始から終了までのご契約時間は所定の室料金をサービスして
おりますが、この宴会時間を超過した場合は追加室料を頂戴することとなりま
す。但し、次の会場使用時刻との関連で、この使用時間の超過に応じられない場
合もございますので予めご了承下さい。追加30分(1人につき)500円(税別)。

第2条(有料人数の確認)
お料理等を用意する人数(以下、有料人数と称します)を宴会等の開催日の前々
日正午までにホテルの担当にご通知下さい。それ以降は全て手配が完了しており
ますので、宴会等の開催日に出席されたお客様の人数が有料人数より減少した場
合でも有料人数分の料金を頂戴いたします。

第3条(内金)
宴会等のご予約の時に内金をお支払い頂きます。内金の金額はご宴会内容に基づ
いて、ホテルから提示させて頂きます。

第4条(前払金)
ホテルから提示致しましたお見積金額を、原則として宴会等の開催日の7日前ま
でに現金にてお支払い頂きます。

第5条(取消料)
すでにご契約いただいた宴会等を取消される場合には、原則として下記により取
消料を頂戴いたします。


取消料はこちら

第6条(装飾・余興等の手配)
宴会等に関する装飾・音楽・余興・コンパニオン等につきましては、ホテルから
指定業者に手配させて頂きます。お客様がホテルの指定する業者以外の業者に、
依頼される場合は、宴会等を円滑に運営するため、事前にホテルにご連絡の上そ
の了解を得てご依頼下さい。(ホテルの事前の了解を得ないで直接業者にご依頼
なさることはご遠慮下さい。)

第7条(直接ご依頼の業者に対する指示)
ホテルの了解のもとにお客様が直接ご依頼された業者が行うご披露宴の装飾、余
興等の機械及び材料の搬入・搬出又は看板等のサイズ・取付け方法・設置場所等
につきましては、ホテルの美観や動線等の関係でホテルから業者の方々に指示さ
せて頂きます。

第8条(損害賠償)
お客様(お客様側の全ての関係者を含みます)及びお客様が直接ご依頼された業
者の方々は、ホテルの施設・什器備品等を破損したり、損傷したりしないよう十
分にご注意ください。もし施設・什器備品等に破損・損傷等が発生した場合に
は、ホテルからの指示に従って速やかに修理して頂くか、又は損害賠償金をご負
担して頂きます。
また、ホテルに荷物を預け、3か月以上荷物を取りに来られない場合、荷物の送
料や処分費をご負担させていただきます。

第9条(禁止事項)
次に掲げる各項目につきましては禁止事項となっておりますのでご遠慮ください。
  • 犬、猫、小鳥その他の動物、家畜類等の持ち込み。(盲導犬含む)
  • 発火又は引火性の物品の持ち込み。(ろうそく、爆竹等)
  • 悪臭・異臭を発生する物の持ち込み。
  • 賭博等風紀乱す行為又は他のお客様の迷惑になるような言動。
  • 備付品等の移動。
  • 使用目的以外のご利用。
  • その他法令で禁じられている行為。
  • カラオケについて、21:00以降のご利用。
  • 迷惑行為、騒音、ホテル指定のマイク・BGM音量を超えるもの。

第10条(宴会利用締結の拒否)
次に掲げる各項目につきましては、宴会利用契約の締結に応じません。
  • ホテル利用者の中に、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号の暴力団員、又は同法第2条第2号の暴力団と関係を有する企業又は団体の関係者がいる場合。
  • ホテルの他の利用者に迷惑を及ぼす行動をした場合。また、ホテル側が迷惑行為であると判断した場合。
  • ホテル従業員に対し、暴力的要求行為を行い、あるいは 合理的範囲を超える負担を要求した場合。
  • お客様および宴会等への出席者が、他のお客様の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある感染症者と疑われる時。
  • 天災、火災、官公署の命令、施設の故障、その時やむを得ない理由により会場の利用が出来ない時。
  • 過去の宴会事例において当ホテルに著しく迷惑を及ぼした時。
第11条(解約解除権)
次の場合には、宴会等のお申し込みをお断りし、又は既にご契約いただいた場合
でもそのご契約を解約させて頂く事が有りますので、予めご承知おき下さい。
  • 宴会等にご出席されるお客様が、法令又は公序良俗に反する行為をされ、又はその恐れがあるとホテルが判断した場合。
  • 宴会等にご出席されるお客様が、他のお客様にご迷惑をおかけし、又はその恐れがあるとホテルが判断した場合。
  • この「宴会・催事規約」に違反する事実があった場合。
  • その他、前3項に準ずる事実があった場合。